学童期から10代のお口のケア

乳歯から永久歯へ

6歳ころから歯は乳歯から永久歯に生え変わりはじめます。
高さや大きさの違う歯が混在し、歯磨きで汚れを落とすことが難しく、また、生えたての歯は弱いため、むし歯にしてしまう危険の多い時期です。
この時期に合った歯の磨き方をマスターし、むし歯ゼロを目指しましょう!

歯が痛くなくても検診へ

歯が痛くなってからのむし歯治療は時間も費用もかかります。
むし歯は痛くなる前に直してしまいましょう。
また、生え変わりの時期は歯ブラシが隅々まで届きづらく歯周病にもかかりやすくなります。
歯周病は将来的に歯を失う危険の多い病気です。
さらに、口臭や全身の生活習慣病の原因にもなります。
半年に一度の定期検診で、むし歯・歯周病を早期に発見し、その時の歯並びにあった歯の磨き方も教わりましょう。

乳歯の治療と永久歯の治療

乳歯は数年後に永久歯に生え変わるので、噛み合わせなど、機能の回復に重点を置きます。
乳歯の状態が永久歯の歯並びに影響を与えますのでむし歯の治療はしっかりしておきましょう。
永久歯の場合は機能回復に加え、今後一生使っていくことを考えた、見た目(審美性)も重要になってきます。 将来を見据えた治療を選びましょう。

 
乳歯のコンポジットレジン充填と乳歯冠
Before
After
並びと形を整え自身に満ちたスマイルラインに
Before
After
ラミネートべニア
Before
After
 

 

予防

毎日の歯みがき、定期検診はむし歯や歯周病予防に大変有効です。
また、フッ素塗布もこの時期は大変重要になってきます。
生えたての歯は、歯質が弱くむし歯になりやすいのですが、フッ素を塗布して歯質を強化することにより、むし歯菌に強い歯にしていきます。

歯科矯正治療

噛み合わせが良くないと、授業中、集中力に欠けてしまったり、スポーツで十分に力が発揮できません。
また、悪い歯並びで唇が閉じられなかったり、鼻が悪くて口で呼吸するなど、お口の中が乾いた状態になっているとむし歯や歯周病に罹りやすくなります。

歯並びが悪い、あごの発達が気になるなど、気になる事があれば早めに矯正歯科医に相談しましょう。
歯科矯正を始める時期は、永久歯が生え揃う前に始める、あごの発達を待ってから始めるなど、症状によって変わります。定期的に歯科医院での検診を行い、矯正歯科医に相談することで、治療に最も適した時期を逃さずに開始できます。

≪みんなの歯みがき一言アドバイス≫

生えたての歯は弱く、すぐにむし歯になってしまいます。
また、この時期は乳歯から永久歯への生え変わりの時期で、生えてくる途中の低い歯があったり、乳歯よりも大きな永久歯に替わったりと、今までの歯みがきと違った磨き方が必要になってきます。
そこで、歯みがきでは歯を一本一本丁寧に磨くように心がけてください。
奥歯は横磨きで、生えかけの低い歯にブラシが届いているのを確認して。
上の前歯の永久歯は大きいので歯ブラシを縦に使って一本一本ブラッシングしてください。
歯みがきのタイミングは毎食後です。
学校にも歯ブラシを持っていき、昼食後の歯磨きをお友達としましょう。

 

Social Media


Harley Street
本院:

020 7436 2328
オンライン予約
-------
City診療所:
020 7796 9776
オンライン予約
-------
Acton診療所:
020 8993 2933
オンライン予約

 

Copyright © 2017 dentexcel ltd  Website design by STICKYCREATION.