乳幼児期のお口のケア

歯が生え始めたらハミガキ開始!

小さいうちから歯みがき習慣を身に付けましょう。

乳歯時期からのしっかりとしたお口のケアは、あとから生えてくる永久歯のためでもあります。
乳歯の大きなむし歯を放置しておくと6歳頃から生え始める永久歯の発育に問題が出たり、何らかの理由で乳歯を早い時期に失ってしまったりすると永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。
また、よく噛めないことで、食べ物の消化が悪くなったり、好き嫌いが激しくなったりします。
乳歯はむし歯になっても多くの場合あまり痛くなりません。
それは、栄養がたくさん必要な小さな子が歯の痛みのために食事がとれなくなる事を避けるためです。
ですから、保護者の方が注意をしてお子様のお口の異常を見付けてあげてください。

歯医者さんに行こう!

歯が生え始めたら、歯医者さんでの定期検診も始めましょう。

小さな頃から歯医者さんに慣れておくと、後々の歯医者さん通いが楽になります。
どうか、歯医者さんを悪いことをした時のお仕置きにしないでください。
歯医者さんでは子どもたちが楽しく通えるようなたくさんの工夫を用意しています。
また、キースコーヘン総合歯科医院ではお子様向け無料歯みがき教室を開催しております。
お友達とご兄弟と楽しく歯のみがき方を練習します。
歯みがき習慣を身に付けることでお子様の自立心を育て、教室を歯科医院で行うことにより歯医者さん通いに慣れるための練習にもなります。
皆様ふるってご参加ください。
開催日時はホームページ上でご案内いたします。

お食事で気を付けること

ご存知のように、砂糖の含まれた食品はむし歯の原因になりますが、だからといって制限をしてしまうのは、お子様の成長に良くありません。適量を保ちつつ、回数を減らしてみましょう。
食事の時間やおやつの時間を決め、ダラダラ食いをしないようにします。
果物や野菜などの繊維の多い食事は、食事をしながら歯垢をある程度落としてくれます。
日本茶には殺菌効果があり、食後に日本茶を飲むことで、むし歯菌の働きをある程度抑えられます。
よく噛んで顎の成長を促し、良い歯並びやかみ合わせに導きます。

むし歯予防

フッ素は、歯を強化する働きがあるため、むし歯予防に使われます。
生えたての乳歯や永久歯は、強度が充分でないためむし歯になりやすいと言われています。
唾液などにより、数年かけて少しずつ強固になっていくのですが、その過程でむし歯にしてしまう危険を抑えるために、フッ素塗布をおすすめしています。
フッ素入り歯みがき剤を使い食後の歯磨きをしっかりと習慣化し、口腔環境を良い状態に保ちます。歯科医院では高濃度のフッ素塗布ができますので、短期間での歯の強化が望めます。

キースコーヘン総合歯科医院では月に2回土曜日に小児歯科専門医Dr Evelyn Sheehyがお子様の歯の健康を維持すべく治療に携わっております。

 
前歯のかぶせもの(クラウン)①
Before
After
前歯のかぶせもの(クラウン)②
Before
After
白い詰め物(コンポジットレジン)で歯の形を修復
Before
After
 

 

≪ちびっこ歯みがき一言アドバイス≫

歯ブラシが難しい場合、濡らしたガーゼで歯を拭いてあげてもいいですよ。

Social Media


Harley Street
本院:

020 7436 2328
オンライン予約
-------
City診療所:
020 7796 9776
オンライン予約
-------
Acton診療所:
020 8993 2933
オンライン予約


 

Copyright © 2019 dentexcel ltd  Website design by STICKYCREATION.